宮崎県庁前楠並木通の朝市

先週、毎月第1第3日曜日に午前8時~12時まで開かれている楠並木朝市に初めて行ってきました。



今回は都城の方で催事にいくつか出ているので、いつもよりは少しお店が少ないと聞きましたが、端から端までずらっと各地の名産品が沢山出ていました。

とりあえず、お店を見てみようと奥まで行こうと県庁の方に歩いていると、すぐに、



「美味しいよ!食べてみてん!」

美味しそうな地鶏の匂いと共に、生きのいい声に誘われて試食。



出来たての地鶏、弾力もあるけど柔らかくて、じゅわ~っと味が口の中で広がる。

ここを通るたんびに、「どうぞ~」と言われるので、結局合計3回も試食させて貰い、お土産に買って帰りました。(笑)


ずっと、橘通りの方へ行くと、前の方で地鶏スープが振舞われていました。





地鶏の出汁がきいていて、体がポカポカになりました。


新鮮な野菜や果物も!



実際に作りながら売っているお店もあり、こんがり揚げられたエソを使った「あげみ」を思わず購入。



そして、歩いて行くと「ちりめん」を売る山西水産のお店から元気よく話しかける声が!
商売上手な話口調が、お客さんをどんどん引き込んでいます。




そして、また県庁前まで来ると、日南市北郷町の「茸蔵」さん!今日は、お母様とご一緒です。

黒木さんのお話によると、灰の影響で大変らしいようなのですが、CORNERや一平寿司、高岡ビタミン館などで降灰野菜を販売して下さるという事で助かります。との声を聞きました。(CORNERブログ



新燃岳の噴火により灰の影響をうけている生産者の方々の為にも、宮崎の食材を沢山頂きたいですね。

その後も、お腹をすかせながら行ったり来たり。






すると、突然!何やら音楽が!

ひょっとこ踊りが始まり、宮崎農業高校の生徒さん達も大喜び。
見ると、小さな2~3歳くらいの女の子も自然に体が動いていました。



ひょっとこ踊りが終わると、何やら次のイベントの準備が始まり、

お客さんも交えての、おもちつきが始まりました。



小さい子どもさんも一緒に参加!



私は、ちゃっかり、おもちつきの後ろで待機している「おもち振る舞い」の場所へと移動。



つきたてのおもちを、きな粉をかけて頂きました ♪



2度目のおもちつきも始まり、気付けば楠並木通りは、大勢の人!



楽しいイベントや、温かい言葉や笑顔の出店者の方々。

口蹄疫や鳥インフルエンザ、新燃岳の降灰等、苦しい現状の今だからこそ県民一丸となって地元宮崎を盛り上げていきたいですね。


今回の出店案内を貰ってきました。





次回は2月の20日(第3日曜)です。

街市も2月22日(土)1時~19時開催されるようですので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

投稿日時:2011.02.13(Sun) 16:33:35|投稿者:yano|